微生物機能化学研究室

 大学院 生命環境科学研究科 

(生命環境学部 生命分子化学科)

 

教授;渡部 邦彦Kunihiko Watanabe

 E-mail: kwatanab@kpu.ac.jp    Phone:  075-703-5667

・助教;辻本   善之 (Yoshiyuki Tsujimoto

 E -mail: yoshi_t@kpu.ac.jp  Phone:  075-703-5669

 

「新しい機能を求めて微生物を探る」

 自然界に生息する微生物は無数に存在し、それぞれが種々多様な機能を有している。これら無数の微生物の中から、我々人間にとって有用な機能を持つ微生物を選び出し、その化学的機能を開発すべく研究を行う。特に好熱性細菌およびそれが生産する酵素タンパク質の機能と構造の関係を、生化学・分子生物学・構造生物学的手法を用いて解析し、応用に向けた研究を中心に行う。

 

〇 有用微生物のスクリーニング

〇 好熱性細菌Meiothermus ruber H328 株が産生するケラチン分解性プロテアーゼと膜小胞に関する研究

〇 新規好熱性細菌 B157T株が生産するホスホリパーゼAに関する研究

〇 有機リン系農薬の簡易的検出システムの開発

〇 日本酒製造から出る酒粕タンパク質の解析

 

2018ポスターpdf <- click 2018年花見&研究紹介

 

最近のTOPICS(2018年度)

〇 田中秀典君 農芸化学会関西支部第503回講演会で口頭発表し、優秀発表賞(支部長推薦)を受賞(2018.5.19)

 

生命分子化学科HPへ戻る