直線上に配置

京都府立大学・生命分析化学研究室
へようこそ!
Welcome to
Lab. Bioanalytical Chemistry, Kyoto Pref. Univ.
メンバー 研究内容 研究業績 研究室の様子 アクセス リンク 就職先
<研究室紹介>

生命は、その生育環境に生存を大きく規定されています。例えば、環境中の微量元素の過不足は、
動植物の生育に大きく影響しており、我々人間の健康にも強く関わっていることが知られています。
そこで本研究室では、生命環境を理解することは生命を理解することにつながるという認識の下、
土壌や環境水での微量元素から多量元素にいたる各種元素の濃度、分布、存在形態、挙動などを研究しています。
また、環境中でのそれら元素の動態を明らかにして、各種生態環境での物質循環を評価する研究も行っています。
これら研究を通じて、
生命を育む生態環境をより深く理解するとともに、地球環境の保全に貢献することを我々は目指しています

<教員>
教授    : 矢内純太 (Junta YANAI)
(詳細:日本語English
         
テーマ:日本の農耕地土壌の各種元素の形態別定量と肥沃度・健全性の評価
   土壌の養分供給機構の解明と肥沃度評価法の検討
          E-mail: yanai@kpu.ac.jp (@は半角)、Tel: 075-703-5649


准教授    : 中尾 淳 (Atsushi NAKAO) 
(詳細はこちら
         
テーマ:アジア・アフリカにおける土壌粘土の特性評価
              土壌による放射性セシウム吸着挙動の解明
          E-mail: na_4_ka_triplochiton@kpu.ac.jp (@は半角)、Tel: 075-703-5652
     

<プロジェクト研究(抜粋)
科学研究費補助金・基盤(A)(一般)(H26〜H29):
「放射性セシウムの土壌による固定能規定要因の全球的解析と植物への移行リスク評価」
科学研究費補助金・基盤(B)(海外学術)(H27〜H29):
「熱帯アジア水田における緑の革命50年の土壌肥沃度への影響評価と稲作生産力の再評価」
科学研究費補助金・基盤(B)(一般)(H28〜H30):
「日本の農耕地土壌における植物必須元素可給態量の網羅的定量と規定要因の機構論的解明」
科学研究費補助金・若手(A)(H28〜H30):
「黄砂として飛来する放射性セシウム吸着材(雲母)が日本の土壌に与えた累積影響の解明」
住友財団・環境研究(H27〜H28)
「日本の農耕地土壌のメタゲノム解析による微生物群集の多様性評価と化学性との関係解析」


目標:「生命環境を化学する」
直線上に配置
 
熱意ある研究室新メンバー 大募集中!(一緒にやりませんか?興味があれば研究室まで!)



京都府立大学・生命環境学部・生命分子化学科                 
〒606-8522 京都市左京区下鴨半木町1-5

直線上に配置
アクセスカウンター since 2014/10/28