PAGE TOP

  • HOME
  • 学科の特色と学びのしくみ
  • 授業をのぞいてみよう 何を学べる?なぜ学ぶ?
  • どんな研究?どんな夢?
  • どんなライフ?
  • 進路や資格は?君の未来を描いてみよう
  • 生命分子化学科を目指す君へ
  • 最新情報とイベント案内

学科の特色と学びのしくみ

このページでは生命分子化学科がどのような方針に基づいてどのような教育をどのように行っているかについて解説するとともに、学科教育のより具体的な姿をお伝えするために、入学から卒業・修了までの流れ、カリキュラムの構造、履修する科目についてそれぞれ詳しく解説しています。

学科の特色

学びのしくみ

 

学科の特色

あらゆる生命現象には分子と分子の相互作用が関与しています。DNA、タンパク質、糖、脂質、といった分子が互いに接近して結合・解離したり、反応・代謝されたりする過程を細胞の中の分子一個のレベルでリアルタイムに追跡することが生命現象の解明には欠かせなくなっています。

一方、物質の吸着や拡散といったイオンや分子の挙動の背景となる基本的な現象については、これまでは試験管やフラスコの中でしか観測できなかったものが、マイクロ流体デバイスの開発や分析技術とシミュレーション技術の急速な発展によって、ナノサイズの表面から全地球レベルまで、系統的に論じることができるようになってきました。 このような状況を鑑みれば、生物のみを重視する従来の教育では最新の生命科学研究はもちろん、産業や環境保全といった社会の要求に対応することは難しいことがわかります。

そこで、私達は分子化学に立脚した新たな生命科学教育を展開すべく、この生命分子化学科を作りあげました。 生命科学教育は研究活動の裏付け無しでは決して成立しません。

生命分子化学科では、ナノフォトニクス、分子ナノテクノロジー、合成・創薬化学、抗体化学、酵素化学、生化学、微生物化学、さらには地圏水圏大気圏を対象とする分析化学まで、まさに、ナノからテラまでを網羅した研究が行われています。この幅広い研究活動に基づいて、学術研究や産業界で能力を発揮できる人材を養成すべく、講義と実験を連携した高密度な少人数教育を行っています。

 

アドミッションポリシー(入学者受入の方針)

生命分子化学科では化学をはじめとする理科に強い興味があり、論理的で、自主性と想像力に富んだ人間性を高めたい人を求めます。また、入学後も一層の勉学意欲と向上心を持ち続け、厳しい学力評価に耐えうる心構えを持っていることが望まれます。

入学前に修得しているべき能力

生命分子化学科が求める学生は、入学前に次のような資質を有している必要があります。

1.高等学校での基礎的諸教科(国語、数学、理科、外国語、地理歴史・公民)について十分な基礎学力を身につけている。

2.特に化学、物理、生物、数学のいずれか、もしくはいくつかに秀でている。

3.基本的な読解力・思考力・表現力を兼ね備え、基礎課題に対して自らの表現方法で的確に解答できる。

4.グループ実験や研究活動を遂行するための論理的思考力・コミュニケーション能力・協調性が高く、積極性とチャレンジ精神に富んでいる。

入学者選抜の方針

生命分子化学科では、こうした能力を考査するため、大学入試センター試験と個別学力検査を組み合わせた一般選抜、推薦入試を実施します。

◯ 一般選抜(前期日程)  大学入試センター試験において国語、数学、理科、外国語、地理歴史・公民を課して上記1を評価するとともに、個別学力検査において記述式問題を中心とする数学、理科、英語を課して上記3を評価する。個別学力検査では、上記2の観点から理科の配点を高く設定する。

◯ 一般選抜(後期日程)  大学入試センター試験において国語、数学、理科、外国語を課して上記1を評価する。上記2の観点から理科および数学の配点を高く設定する。

◯ 推薦入試  高等学校までの英語および理科系科目全般について、基礎力と思考力を合わせた総合的な学力を身につけていることを求めるとともに、推薦書・調査書・志望理由書・面接において上記1と4を評価する。面接では上記2の観点からの評価も重視する。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

生命分子化学科は「化学」を基盤として生命科学を学び、生命現象の解明、医薬品開発、機能性材料の創成、地球環境の保全といった社会の要請に応える人材を育てる学科です。また、生命分子化学科では、ナノフォトニクス、分子ナノテクノロジー、合成・創薬化学、抗体化学、酵素化学、生化学、微生物化学、さらには分析化学、環境化学まで、ナノからテラまでを網羅した研究が行われています。この幅広い研究活動に基づいて、学術研究や産業界で能力を発揮し先導できる高い汎用的技能を有した人材を養成すべく、講義と実験を連携した高密度な少人数教育を行っています。下記の1~7 の講義・実験等において、確かな理解と実践力を評価します。

1. 豊かで柔軟な人間性の涵養と学問の世界に踏み込むにあたり、広く深い見識と基礎技能を身に付けるために、教養教育科目(教養基礎科目・キャリア育成科目・教養総合科目)を1~2 年次を中心に卒業年次まで配置する。

2. 生命科学における視野を広げ、問題意識を育て、将来を展望するために、学部共通科目を1 年次を中心に配置する。

3. 生命科学における専門科目を学ぶにあたり、必要な基礎理論や基本的な知識を身につけるために、学科基礎科目を1 年次に配置する。

4. 生命科学の種々の分野における高度な専門知識と研究活動・社会活動に即した応用力・展開力を身につけるために、学科専門科目を体系的に配置する。

5. 研究やプロジェクトを遂行する能力を身につけるために、学科基礎科目と学科専門科目の中に実験科目と「専攻科目実験及び卒業論文」を重点的に配置する。

6. 国際的に通用するコミュニケーション基礎能力を養うために、教養基礎科目の中に外国語科目と学科専門科目の中に「科学英語」を配置する。

7. 社会を先導する人材に必要な発信力・質問力・問題提起能力を育成するために、学科専門科目の中に「専攻科目演習」を卒業年次に配置し、学生も発表・質疑応答を行う活発な研究室ゼミ・学科セミナー・卒業論文発表会を展開する。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

生命分子化学科では所定の年限で必要単位を取得し、次のような能力を身につけた学生に 学士(農学)の学位を授与します。

<教養力>

1. ものごとの背景を的確に分析して独自の方向性を見出し、その実現に向かって行動するための原動力となる、自然科学から人文・社会科学に至る幅広い教養と基礎技能を身につけている。

<専門領域における知識と理解力>

2. 「化学」を基盤として、生命科学における広く深い学識と理解力に基づき、社会で活躍するための高度な専門性を身につけている。

<専門領域における挑戦・遂行力>

3. 高い倫理観と使命感に裏付けられた問題発見・提起力とともに、着実な論理の積み重ねによる問題解決能力を身につけている。

<コミュニケーション力>

4. 国際社会の一員としての基本的な情報発信とともに、正当な評価と冷静な議論に基づくコミュニケーションを実践できる。

 

学びのしくみ

ロードマップ(入学から卒業・修了までの流れを見てみよう)

生命分子化学科では4年間で128単位以上の必要単位を取得すると卒業が認められます。必要単位の中には広く深い見識を身につけるための教養教育科目と専門知識を身につけるための専門教育科目があり、さらに、自由科目や資格関連科目もあります。

これらをどのような時系列で取得していくのかを見てみましょう。

重要な節目はマイルストーンとして示されています。

入学から卒業までのロードマップ

ロードマップ

 

 

マイルストーン(卒業までの主な節目は?)

履修プラン作成

必修科目以外は自分の希望や将来の進路に応じて選択し、単位を取得していきます。

進級認定

2回生終了時に一定以上の単位を取得していないと3回生への進級が認められません。

研究室配属

3回生後期から研究室に配属され、卒業研究に備えるための研究活動を開始します。

卒論着手

3回生終了時に一定以上の単位を取得していないと卒業研究に着手できません。

卒業・学位授与

卒業研究の内容を発表し、提出した卒業論文が認可されれば卒業が許され学士の学位を得ることができます。生命分子化学科では6割が大学院に進学し、4割が就職します。

前期課程修了・学位授与

大学院前期課程を修了した学生には修士の学位が授与されます。大学院前期課程修了者の多くは就職して社会で活躍しますが、一部は後期課程に進学して研究を深めます。

 

科目分類(カリキュラムの構造を見てみよう)

本学科ではカリキュラムの中の科目を次のように大きく分類しています。

教養教育科目

豊かで柔軟な人間性の涵養と、学問の世界に踏み込むにあたり、広く深い見識を身に付けるための科目です。(推進機構へリンク)

基盤教育科目 新入生ゼミ 情報処理基礎演習 健康教育 外国語
総合教育科目 人間と文化 現代と社会 自然と生命 リベラルアーツ・ゼミ
キャリア教育科目 社会的・職業的自立を見据えて自らの資質を向上する
展開教育科目 他学部の入門レベルの専門科目を履修できる
主題研究 京都学、環境共生、生命と自然、といった主題に沿って履修する

専門科目

本学科では専門科目を次のように大きく分類しています。

学部共通科目 視野を広げ、問題意識を育て、将来を展望する
学科基礎科目 専門科目を学ぶために必要な基礎理論や基本的な知識を身につける
学科専門科目 種々の分野における高度な専門知識を身につける
研究活動・社会活動に即した応用力・展開力を身につける

自由科目

卒業単位以外に興味のある他の学部・学科・専攻の科目を履修することもできます。

他大学の科目

京都には多くの大学があります。大学コンソーシアム京都を通じて他大学の科目を履修することもできます。

資格関連科目

教職や博物館学芸員の資格を取得するための科目です。

 

専門科目進行表(どんな科目をいつ勉強するの?)

科目区分 学科
専門
科目群
配当年次
1回生 2回生 3回生 4回生
必修
科目
学部共通科目   生命環境学概論      
学科基礎科目   基礎化学I      
  基礎化学II      
  化学実験及び
同実験法
     
  物理学実験及び
同実験法
     
  生物学実験及び
同実験法
     
学科専門科目   生化学I      
    生化学II    
    物理化学    
    分析化学    
    有機化学I    
    有機化学II    
      科学英語I  
      科学英語II  
    生命分子化学実験I    
      生命分子化学実験II  
      生命分子化学実験III  
      生命分子化学実験IV  
        専攻科目演習
        専攻科目実験及び
卒業論文
選択
科目
学部共通科目   人間生活と環境      
  情報処理概論      
  生物生産と生命科学      
  森林の科学      
  生命の分子化学      
    環境政策論    
学科基礎科目   基礎物理学      
  基礎電磁気学      
  基礎生物学I      
  基礎生物学II      
  基礎地学I      
  基礎地学II      
  基礎数学II      
  基礎数学III      
学科専門科目 A 基礎物理化学      
A 生命環境物理学      
A     無機化学  
A     生物物理化学  
B     機器分析学  
B     有機機能物質化学  
B     高分子化学  
B     有機合成化学  
C   土壌環境学    
C   地球環境学    
C     生物統計学  
C     植物栄養学  
C     環境生物学  
D   発酵生理学    
D   細胞分子生物学    
D   タンパク質化学    
D     応用微生物学  
D     細胞情報化学  
E   分子遺伝学    
E   遺伝子制御学    
E   食糧加工学    
E   動物生理学I    
E   分子栄養学I    
E     動物生理学II  
E     分子栄養学II  
E     遺伝子工学  
E     遺伝子制御学  
E     バイオ生産学  
E     技術中国語I  
E     技術中国語II  

※このホームページに掲載されている内容(文章・写真・意匠等)の無断転載を禁じます。

※また、ホームページで使用しているキャラクターは、夢明氏の作製によるものです。