PAGE TOP

  • HOME
  • 学科の特色と学びのしくみ
  • 授業をのぞいてみよう 何を学べる?なぜ学ぶ?
  • どんな研究?どんな夢?
  • どんなライフ?
  • 進路や資格は?君の未来を描いてみよう
  • 生命分子化学科を目指す君へ
  • 最新情報とイベント案内

進路や資格は?君の未来を描いてみよう

 

生命分子化学科卒業生・大学院修了生の進学・就職状況

イメージキャラクター

本学科では毎年約30名の卒業生のうち、6割が大学院に進学し、4割が就職しています。
就職先の業種は医薬医療分析関係を中心に、ファインケミカル、化粧品、食品、光学・精密機器といった製造業、官公庁、金融・商社など多岐にわたっています。官公庁は技術系職員が大半です。

また、大学院前期課程修了者はほぼ全員が就職しますが、毎年1名程度は後期課程に進学しています。過去7年間の実績を以下に示します。

 

学科卒業生

大学院進学

京都府立大学  京都大学 他

就職(2017年度まで)

医薬・医療 旭化成メディカル  アボットジャパン  共立製薬  JCLバイオアッセイ
日本新薬  日本メジフィジックス  微生物化学研究所  協和メデックス
化学・ファインケミカル・
化粧品
GSIクレオス  ミルボン  三京化成  日本コルマー
分析 日本食品分析センター  堀場テクノサービス  堀場製作所
非破壊検査株式会社  材料科学技術振興財団
食品 ハウス食品  栄屋乳業  ノーベル製菓  オリエンタルベーカリー
日本アクセス  創味食品
電子・光学・精密 ユーシン精機  イシダ
その他の製造業 タイガー魔法瓶  日本電産  酒井化学工業  戎屋化学工業  GSユアサ
東芝プラントシステム
商社・金融・情報・サービス等 日鉄住金物産  ハリマ共和物産  井上定  三商  京都信用金庫
ナジック  京都中央信用金庫  四国銀行  滋賀銀行  大垣共立銀行
ジェイアール西日本コミュニケーションズ  JRAシステムサービス
トーコー  日本梱包運輸倉庫  SHIFT
官公庁・教育機関など 大阪府立病院機構  奈良県  大津市  枚方市  長浜市  豊橋市
砺波市  厚生労働省  兵庫県教員

大学院生

大学院後期課程進学

京都府立大学

就職

医薬・医療 武田薬品工業  科研製薬  東和薬品  マルホ  積水メディカル
ツキオカフィルム製薬  阪大微生物病研究会  生晃栄養薬品  シミック
日本メジフィジックス  富士レビオ  日本ステリ  ACメディカル
CACクロア  マイクロン  富士フィルム和光純薬  インテリム
リニカル  大原薬品工業  日本新薬  藤本化学製品  大塚製薬
アルフレッサファーマ  沢井製薬  阪本薬品工業  大日本住友製薬
化学工業・ファインケミカル・
化粧品
住友化学  ライオン  大阪ソーダ  天野エンザイム  日本特殊塗料
大阪ソーダ  日油  小川香料  ナリス化粧品  旭硝子  三和化学
住友精化  東洋紡  DIC  日東電工  新日本理化  クラシエ  コタ
NISSHA  日本エアーリキード  資生堂  J-ケミカル
分析 日本食品分析センター  堀場製作所  アークレイ  住化分析センター
化学物質評価研究機構  材料科学技術振興財団  高輝度光科学研究センター
アグリビジネス 三井農林  タキイ種苗  環境総合テクノス  アース環境サービス
光学・精密・エレクトロニクス マイクロン  コニカミノルタ  日本写真印刷  TDK  日本電産
エスケーエレクトロニクス
食品 ヤクルト  グリコ栄養食品  エースコック  雪印メグミルク  村上農園
クラシエフーズ  日東エフシー  仙味エキス  伊藤園  虎屋  おたべ
日清オイリオ
商社・金融・情報・サービス等 リツビ  鈴与シンワート
官公庁・教育機関など 京都府教員  京都府  滋賀県

 

活躍するOGOBからのメッセージ

西沢 美紅さん (平成30年学部卒業) 旭化成メディカル株式会社

生命分子化学科の1番の魅力は、先生方と学生との距離が近いことです。入学当初、高校時代の勉強と大学の講義とのレベルの違いに驚くと思いますが、この学科の先生方は質問に行くと親身に答えて下さいます。私自身、何度も質問に行くことで「自分の頭で理解する」ということを習慣化できるようになりました。

さらに、勉学以外にも将来のことやプライベートなことまで、いつも気にかけて相談に乗って下さる先生方の存在があったからこそ、4年間を悔いなく充実させることができたのだと思っています。 規模は小さいですが、色んな人の暖かさを感じる環境で、ぜひ素敵な4年間を過ごしてみませんか?みなさんの大学生活が充実したものになることをお祈りしています。

村田 大知さん (平成29年修士修了) 株式会社資生堂

こんにちは!私は、学部と修士課程の6年間この学科で学び、現在は企業の研究者として日々奮闘しています。そんな私の“学科大好きポイント”の中から2つ、皆さんにご紹介します。

1つ目は、『バラエティ豊かな研究分野』です。この学科では、高い専門性の研究に加え、有機合成から酵素科学、そして土壌科学といった幅広い研究分野を学べます。だからこそ、皆さんの視野も広がり、“この研究がしたい!”と心から思える研究にきっと出会えるはずです。

2つ目は、『先生の温かいサポート』です。この学科は小規模で、先生は非常に身近な存在です。そのおかげで研究の議論だけでなく、友人や先生と毎日楽しくおしゃべりしながら、充実した研究生活が送れました。こんなアットホームな環境でのびやかに学べるからこそ、より一層の成長ができるはずです。

その他にも多くの“学科大好きポイント”はありますが、それは入学してから、是非とも皆さん自身で実感してみてください!

※このホームページに掲載されている内容(文章・写真・意匠等)の無断転載を禁じます。

※また、ホームページで使用しているキャラクターは、夢明氏の作製によるものです。