「生命物理化学研究室」HPへようこそ!
  Lab “Biophysical Chemistry”

場所:3号館3階 3316室, 3317室, 3310室
連絡先:oda[at]kpu.ac.jp  *[at]を@にしてください
〒606-8522 京都市左京区下鴨半木町 京都府立大学 生命物理化学研究室


蛋白質など生体分子の構造機能相関解明
  −抗体、酵素、転写因子などを対象として−

(English version)
メンバー
研究内容
論文発表
関連先
写真館



<最近の話題>
CD28およびICOS複合体結晶の宇宙ステーション・きぼうでの実験が開始されました。(2017年10月17日)
広報誌「ふたはの桂」で、生命物理化学研究室が紹介されました。(2017年10月1日)
生命分子化学科3回生の研究室分属が決まりました。(2017年9月27日)
・平成30年度大学院入試(博士前期課程)合格発表があり、生命物理化学研究室に2名が合格しました。(2017年8月18日)
洛北高校2年生が研究室体験研修に来ました。(2017年8月2日)
臼井、稲葉らの論文が、Biophys. Chem.誌に掲載受理されました。(2017年7月12日)
臼井、稲葉らの論文が、Biochem. Biophys. Res. Commun.誌に掲載受理されました。(2017年6月29日)
チーム「ヘリックス」(生命分子化学科有志)で学長杯バレーボール大会に参加しました。(2017年6月25日)
生命分子化学科有志で野球を楽しみました。(2017年6月15日)
宇宙ステーション「きぼう」での成果が、JAXAの速報として紹介されました。(2017年6月7日)
・日本農芸化学会関西支部第499回講演会で、稲葉が口頭発表し、優秀発表賞を受賞しました。(2017年6月3日)
稲葉らの論文が、J. Therm. Anal. Calorim.誌に掲載受理されました。(2017年6月2日)
CD28およびICOS複合体結晶の宇宙ステーション・きぼうでの実験が開始されました。(2017年4月24日)
本学修士論文中間発表会で、岡(M2)と山上(M2)が発表しました。(2017年4月3日)
研究室発足・9周年。(2017年4月1日)
日本農芸化学会2017年度大会で、稲葉(PD)、三木(M2)、織田が発表しました。(2017年3月18日)
卒業生らもまじえて、旅立ちを祝いました。(2017年3月17日)
本学卒業論文発表会で、細江(B4)と山岡(B4)が発表しました。(2017年2月23日)
本学修士論文発表会で、臼井(M2)と三木(M2)が発表しました。(2017年2月21日)
佐藤、稲葉らの論文が、Mol. Immunol.誌に掲載受理されました。(2017年2月18日)
織田らの論文が、J. Biosci. Bioeng.誌に掲載受理されました。(2017年2月8日)
生命物理化学セミナーとして、沼本修孝先生(東京医科歯科大学)にご講演いただきました。(2017年1月16日)
演題名「X線結晶構造解析でみるタンパク質の分子認識と機能制御機構」
三木、稲葉らの論文が、Biosci. Biotechnol. Biochem.誌に掲載受理されました。(2017年1月13日)
稲葉らの論文が、J. Biol. Chem.誌に掲載受理されました。(2016年12月6日)
The 2016 AuPS/ASB Meetingで、稲葉(PD)、織田が発表しました。(2016年12月4日〜7日)
第54回日本生物物理学会年会で、稲葉(PD)、臼井(M2)、三木(M2)が発表しました。(2016年11月25日〜27日)
第34回 鴨叡会・生命分子化学科セミナーを開催し、伊中浩治先生(丸和栄養食品)にご講演いただきました。(2016年11月14日)
演題名「蛋白質の構造情報で何ができるか」
・生命物理化学セミナーを開催し、東隆親先生(東京理科大学)にご講演いただきました。(2016年10月19日)
演題名「IgG抗体アフィニティの成熟に関する最近の知見」
第33回 鴨叡会・生命分子化学科セミナーを開催し、神庭圭佑先生(京都大学)と花房朋先生(清風南海高等学校)にご講演いただきました。(2016年10月18日)
神庭先生演題名「リアルタイムNMRモニタリング法の開発及びヒト抗ウイルス因子APOBEC3Gの脱アミノ化機構の解明」
花房先生演題名「教師という仕事〜ポスドクから高校教員になるまで〜」
生命物理化学研究室セミナーを開催し、臼井(M2)と三木(M2)が発表しました。(2016年10月18日)
生命分子化学科3回生が研究室分属されました。(2016年10月3日)
第52回熱測定討論会で、稲葉(PD)と織田が口頭発表しました。(2016年9月28日〜30日)
ピッツバーグ大学や上海生命科学研究所など諸外国の先生方を前に、岡(M1)、山上(M1)、細江(B4)、山岡(B4)が研究発表を行いました。(2016年8月24日)
アメリカ・オーランドで開催のICTACで、稲葉(PD)と織田が口頭発表しました。(2016年8月18日)
・平成29年度大学院入試(博士前期課程)合格発表があり、生命物理化学研究室に2名が合格しました。(2016年8月18日)
スーパーサイエンスハイスクール事業として、洛北高校2年生4名が研究室に来て実験を行いました。(2016年8月1日〜8月5日)
日本農芸化学会関西支部第494回講演会で、三木(M2)が口頭発表しました。(2016年5月21日)
卒業生の佐藤、田中らの論文が、 Int. J. Biol. Macromol.誌に掲載受理されました。(2016年5月20日)
織田と黒田博士の共著論文が、J. Incl. Phenom. Macro. Chem.誌に掲載受理されました。(2016年5月14日)
・稲葉と織田の総説が、熱測定誌に掲載受理されました。(2016年5月12日)
CD28およびICOS複合体結晶の宇宙ステーション・きぼうでの実験が開始されました。(2016年4月5日)
本学修士論文中間発表会で、臼井(M2)と三木(M2)が発表しました。(2016年4月4日)
研究室発足・8周年。(2016年4月1日)
日本農芸化学会2016年度大会で、稲葉(D3)、三木(M1)、山上(B4)が発表しました。(2016年3月28日)
・稲葉(D3)が京都府公立大学法人理事長表彰を受けました。(2016年3月15日)
本学卒業論文発表会で、山上(B4)が発表しました。(2016年2月22日)
京都マラソン、今年は卒業生が。(2016年2月21日)
本学修士論文発表会で、佐藤(M2)が発表しました。(2016年2月17日)
CD28およびICOS複合体結晶がタンパク質結晶生成実験の第2期第4回実験搭載タンパク質として決定。(2016年2月9日)
・稲葉(D3)の博士論文公聴会を行いました。(2016年2月9日)
・生命物理化学セミナーとして、馬場崇行先生(海月研究所)にご講演いただきました。(2016年2月8日)
演題名「バイオベンチャーの研究とその他業務−やりがいや苦労―」
・平成28年度大学院入試(博士前期および後期課程)合格発表があり、生命物理化学研究室に2名が合格しました。(2016年2月4日)
織田らの論文が、Biophysics and Physicobiology誌に掲載受理されました。(2016年1月18日)
織田と東先生の共著論文が、Mol. Immunol.誌に掲載受理されました。(2015年12月1日)
稲葉らの論文が、Int. J. Biol. Macromol.誌に掲載受理されました。(2015年10月12日)
第51回熱測定討論会で、稲葉(D3)が発表し、ポスター賞を受賞しました。(2015年10月9日)
生命分子化学科3回生が研究室分属されました。(2015年10月1日)
第53回日本生物物理学会年会で、稲葉(D3)、佐藤(M2)、織田が発表しました。(2015年9月13日〜15日)
稲葉らの論文が、FEBS J.誌に掲載受理されました。(2015年9月3日)
・平成28年度大学院入試(博士前期課程)合格発表があり、生命物理化学研究室に1名が合格しました。(2015年8月17日)
スーパーサイエンスハイスクール事業として、洛北高校2年生5名が研究室に来て実験を行いました。(2015年8月3日〜7日)
Institut de Biologie Physico-Chimique(フランス・パリ)に、Chantal Prevost教授を訪ねました。(2015年7月28日)
モンペリエ大学(フランス)に、Christian Roumestand教授を訪ねました。(2015年7月27日)
The 29th Annual Symposium of The Protein Societyで、稲葉(D3)、織田が発表しました。(2015年7月22日〜25日)
国際宇宙ステーション・「きぼう」にて、CD28複合体の高品質タンパク質結晶生成実験が開始されました。(2015年7月24日)
第11回あおいセミナーとして、西本真琴先生(和歌山工業高等専門学校)にご講演いただきました。(2015年7月10日)
演題名「技術者を育てられる研究者になるために。〜研究ときどき教育〜」
第15回日本蛋白質科学会で、稲葉(D3)、臼井(M1)、三木(M1)が発表しました。(2015年6月24日〜26日)
今年の学長杯バレーボール大会。結果は・・・(2015年6月14日)
CD28複合体結晶がタンパク質結晶生成実験の第2期第3回実験搭載タンパク質として決定。(2015年6月10日)
2015年7月23日 ソユーズ宇宙船にて打ち上げ予定
稲葉らの論文が、J. Therm. Anal. Calorim.誌に掲載受理されました。(2015年5月27日)
三木、稲葉らの論文が、Biosci. Biotechnol. Biochem.誌に掲載受理されました。(2015年4月21日)
本学修士論文中間発表会で、佐藤(M2)が発表しました。(2015年4月6日)
京都工芸繊維大学分子構造化学研究室と一緒にお花見。(2015年4月3日)
研究室発足・7周年。(2015年4月8日)


京都府立大学トップページへ
京都府立大学生命環境学部生命分子化学科トップページへ

最終更新日;2017年10月17日