最新情報とイベント案内

・お知らせ

・鴨叡会・生命分子化学科セミナーが下記の通り開催されます。是非ご参加下さい。

 第52回鴨叡会・生命分子化学科セミナー

日時: 2019年11月25日(月)午後14時30分~

場所: 稲盛記念会館視聴覚室

講師: 小暮敏博先生 東京大学理学系研究科地球惑星科学専攻 教授

演題: 「電子顕微鏡で粘土の原子配列はどのように見えるか」

 粘土あるいは粘土鉱物は地球表層をあまねく覆い、そこでの物質循環や生物・人間活動に深く係わっている。しかし粘土鉱物は一般に低温で形成され、その複雑な組成のために非常に細粒な物質として存在し、また層状珪酸塩という異方性の大きい結晶構造により多型・積層不整や混合層の形成といった複雑で不均一な構造変化を伴なっている。そのため、粘土鉱物の構造やその形成機構には多くの未解明な点が残され、その物性の理解を阻んでいる。演者は長年高分解能透過電子顕微鏡(HRTEM)を用いて、粘土鉱物あるいは層状ケイ酸塩の結晶構造の解明に従事してきた。その原子配列を直接観察することにより、粘土鉱物についてのどのような理解が進んだか、いくつかの研究成果を紹介する。 

ポスター poster52


・生命物理化学研究室セミナーが下記の通り開催されます。是非ご参加下さい。

日時:2019年11月28日(木)16時30分〜17時30分

場所:府立大附属図書館(歴彩館2階)グループ研究室1

演者:伊島 理枝子 先生(ピッツバーグ大学)

演題:Structural Biology Research in Ishima’s group,
   graduate program education and career developments

ポスター BPC191128


・なからぎコロキウムが以下の様に予定されています。みなさん奮ってご参加下さい。

第9回 

日時:2019年11月28日(木)14時30分~15時30分 ​

場所:合同講義棟 第4講義室  ​

演題:「2019ノーベル賞に輝いたHIFは低酸素応答だけじゃなく細菌感染で
    も?!」 ​

講師:岡真優子先生(応用生命科学専攻・食環境安全性学/食保健学科)​

ポスター Nakaragi9



・鴨叡会・生命分子化学科セミナー

 生命分子化学科では各方面で活躍している研究者の方々を講師として招いた「鴨叡会セミナー」を開催しています。学内にいながら最先端の研究に触れることが出来る機会です。内容は分属前の学生にもある程度判るように、基本的なところから話していただいています。

 過去の開催分についてはこちらのページをご覧下さい。



Copyright 2014 Department of Biomolecular Chemistry, Faculty of Life and Environmental Sciences, Kyoto Prefectural University All Right Reserved.