生命環境科学研究科 応用生命科学専攻 (生命環境学部 生命分子化学科)

Welcome to Our Home Page

細胞高分子化学研究室

Member
Research
Blog

生きた細胞内には酵素や情報を受けとるレセプタータンパク質、遺伝子 などの
多くの生体高分子が含まれ、生命活動の維持や制御を担っている。
本研究室ではこれら生体高分子の構造と機能を生化学、分子生物学、生物物理化学的手法を用いて解析し、
その機能の制御機構について研究を行っている。特に、シグナル伝達に関与する
酵素やレセプターや転写因子などの構造と機能制御、およびそれらの分子間相互作用を
分子・細胞レベルで解析することによって、調和的な情報伝達ネットワークの制御機構を解析する。

   Living cells contain various functional macromolecules such as proteins and
nucleic acids that are basic units of life and regulate a variety of cellular functions.
We are investigating the relationships between their structures and functions,
and regulatory mechanisms at the molecular and cellular levels
by using biochemical, molecular biological and biophysical methods.
Especially, we focus on signal transduction molecules and their interactions with other proteins
to provide valuable insights into cellular signaling pathways.

poster.jpg



京都府立大学・大学院生命環境科学研究科
応用生命科学専攻細胞高分子化学研究室

〒 606-8522 京都市左京区下鴨半木町1-5
Tel 075-703-5672
Fax 075-703-5674


生命環境学部トップ 生命分子化学科