京都府立大学 大学院生命環境科学研究科 遺伝子工学研究室

お問い合わせ

TOP 研究業績

  • 京都府立大学
  • 京都府立大学 生命環境学部
  • 京都府立大学 生命環境学部 農学生命科学科

研究業績

著書・総説

Morita, S. (2019) Engineering of abiotic stress tolerance by modulating antioxidant defense systems.
In: “Advances in Rice Research for Abiotic Stress Tolerance” (Hasanuzzaman, M., Fujita, M., Biswas, J.K., Nahar, K. eds.), p755-765, Woodhead Publishing

増村威宏、齊藤雄飛 (2018) 米の食味に関与する貯蔵タンパク質の米粒内分布の解析.
「米の外観品質・食味-最新研究と改善技術-」 第13章、松江勇次編、養賢堂

森田重人 (2016) 被覆栽培した茶における段階被覆による光障害の軽減.
月刊「茶」第69巻 平成28年11月号、p22-26

増村威宏、大橋善之、藤原久志、若井芳則 (2016) 酒造原料米のタンパク質と酒造適性との関係.
ニューフードインダストリー、58: 29-35

佐生愛、増村威宏 (2015) 米タンパク質の特性を利用した経口ワクチンの開発 医療用遺伝子組換え植物の開発の動向.
化学と生物、53: 362-367

佐藤 茂 (2015) ピリジンジカルボン酸類のスプレーカーネーション切り花の開花に対する作用.
植調、49: 28-31

増村威宏 (2015) お米のおいしさ. 化学と教育 63: 144-145

増村威宏、佐生愛、齋藤雄飛 (2015) イネ種子の電子顕微鏡的解析.顕微鏡 49: 211-215

Nomura, Y., Satoh, S. (2014) Pathway and genes for the biosynthesis and action of abscisic acid in carnation flowers. International Journal of Horticulture and Floriculture, 2: 137-141

佐生愛、重光隆成、増村威宏 (2013) 米タンパク質に適したプロテオーム解析技術の開発.
ニューフードインダストリー、55: 16-22

Masumura, T., Saito, Y. (2012) Structure and Function of Rice Seed Protein.
In: “Rice studies, present and future” (Ogawa, S. ed.), pp.144-149. 三共出版、東京

重光隆成、増村威宏 (2012) 米および米加工食品に適用可能なタンパク質分析技術.
ニューフードインダストリー、54: 1-8

Satoh, S. (2011) Ethylene production and petal wilting during senescence of cut carnation (Dianthus caryophyllus) flowers and prolonging their vase life by genetic transformation.
Journal of the Japanese Society for Horticultural Science, 80: 127-135

増村威宏 (2011) お酒とお米のいい関係.
生物工学会誌、98: 265

齊藤雄飛、増村威宏 (2011) 米粒および米加工品におけるタンパク質の可視化技術の開発と利用.
「食のバイオ計測の最前線-機能解析と安全・安心の計測を目指して-」、第3章5.1-5.4、CMC出版、東京

Satoh, S. (2010) Tailoring carnation genome for long vase-life traits.
In: “Floriculture: Role of Tissue Culture and Molecular Techniques” (Datta, S.K., Chakrabarty, D. eds.), pp. 1-14. Pointer Publishers, Jaipur, India. ISBN978-81-7132-606-8

Satoh, S., Kosugi Y., Narumi, T. (2011) Transgenic ornamentals with reduced ethylene production and perception.
In: “The Science of Horticulture” (Peter, K.V. ed.), vol. 1, pp. 325-346., New India Publishing Agency, New Delhi

佐藤茂、原田太郎、鳥居由佳 (2010) カーネーションの開花と老化の分子機構.
香川園芸研究協議会報 48:8-13

佐藤茂、石澤公明(2010) 短伐期ヤナギ林の育成と利用.
道東ねいちゃーてっく.No.1 pp.13-14

佐藤茂、石澤公明 (2010) 短伐期ヤナギ栽培による木質バイオマス生産-ヤナギの生長に対する高温と乾燥の影響-.
道東ねいちゃーてっく.No.2 pp.6-9

佐藤茂、湊和也、石澤公明 (2010) 早生樹栽培による木質バイオマス生産:ヤナギの生長に対する高温と乾燥の影響.
第6回バイオマス科学会議発表論文集. pp 180-181. 日本エネルギー学会

増村威宏、斉藤雄飛 (2010) 米の食味に関与する貯蔵タンパク質の米粒内分布の解析.
農業および園芸、85: 1235-1239

斉藤雄飛、増村威宏 (2010) 米加工食品に役立つタンパク質の分析技術.
ニューフードインダストリー、52: 1-8

増村威宏 (2010) 米の成分(1)粒の生物的形成.
食品と容器. 51: 592-599

増村威宏 (2009) イネ科種子タンパク質の生合成と蓄積.  
原田久也監修/種子生理生化学研究会編集「種子の科学とバイオテクノロジー」 pp. 56-62. 学会出版センター

増村威宏 (2009) コメのおいしさはタンパク質が左右する?!
化学 64: 76-77

門脇基二、久保田真敏、増村威宏、熊谷武久、渡邊令子 (2008) 新規食品素材としてのコメタンパク質としてのその機能.
ニューフードインダストリー、50: 37-42

幸義和、野地智法、高木英典、高岩文雄、増村威宏、田中國介、清野宏 (2007) コールドチェーンフリー経口ワクチンとしてのワクチン発現米の開発.
ブレインテクノニュース 124: 11-15

増村威宏、田中國介 (2007) コメの品質、食味向上のための窒素管理技術[3] 
-イネ種子タンパク質の合成・集積と米粒内分布に関する分子機構-.
農業および園芸 82: 43-48

増村威宏 (2006) 病害虫抵抗に関わるタンパク質はイネ種子に多く存在する.
農業および園芸 81: 577-582

pegetop