洛北史学について
会誌『洛北史学』
バックナンバーの紹介
大会・定例大会
会則・投稿規程
入会案内
リンク
会誌『洛北史学』
購読 最新号の詳細 英文目次 バックナンバーの一覧
創刊の辞 投稿規程 トップページへ戻る



『洛北史学』のご購読

 会誌『洛北史学』の頒布を希望される方は、必要事項(お名前・ふりがな・ご住所・電話番号・所属・ご希望の号数と部数)を明記の上、shigaku@kpu.ac.jpにEメールをお送りください。振り込み用紙をお送りいたします。販売価格は1冊につき、1,500円となっております。
 なお、2012年度より、バックナンバーで発行後5年以上を経過したものについては、通常価格1,500円を500円に値下げして販売しております。この機会にぜひお買い求めください。
入会の場合はこちら
バックナンバーの一覧



最新号の詳細

2020年 第22号

ISSN 1345-5281
【論説】
 村上 紀夫 祇園御旅所と「とミくばり」の近世
―大経師降屋内匠以前――
 三輪 眞嗣 中世前期東大寺の修学振興と学侶
 苗   婧 郭嵩燾の西洋認識
―「附会」論と文明観を手掛かりに―
【書評】
 糸川 風太 水本邦彦著『海辺を行き交うお触れ書き 浦触の語る徳川情報網』
 若林 正博 白川哲夫・谷川穣編『「甲子園」の眺め方―歴史としての高校野球―』
 佐藤 太久磨 岡本隆司著『近代日本の中国観
         ―石橋湛山・内藤湖南から谷川道雄まで―』
【新刊紹介】
 酒嶋 恭平 阿部拓児訳『クテシアス ペルシア史/インド誌』
 大関 美沙 高埜利彦編著『近世史研究とアーカイブズ学』
 西明 正晃 宮地正人著『天皇制と歴史学――史学史的分析から――』
大会・例会報告要旨
ページの先頭へページの先頭へ



English Contents
RAKUHOKU SHIGAKU (Journal of Historical Studies)
No. 22, June 2020
Articles:
MURAKAMI
Norio

Tobikubari met Gion-Otabisho in the Early Modern Era:
An Encounter before Furuya Takumi Became Daikyoji



MIWA
Shinji

The Promotion of the Buddhist Studies and
Scholar-Monks at the Early Medieval Todaiji Temple


MIAO
Jing

How Guo Songtao Looked at the West:
From His Discussions of ‘Fu Hui’ (
附会) and Civilization



Book Reviews:
ITOGAWA
Futa

MIZUMOTO Kunihiko,
Ordinances Passing across the Seashore:
The Tokugawa Governance’s Information Networks
Told by ‘Urabure
’ Documents, Tokyo, 2019

WAKABAYASHI
Masahiro
SHIRAKAWA Tetsuo and TANIGAWA Yutaka (ed.),
Seeing the ‘Koshien’ Championship:
A History of Japanese High School Baseball, Kyoto, 2018


SATO
Takuma

OKAMOTO Takashi,
Modern Japan’s Perceptions of China, Tokyo, 2018


Miscellaneous
Paper Presented at the General Meeting and the Regular Meeting
ページの先頭へページの先頭へ


copyright