京都府立大学
メイン画像

About us

 陸上には、熱帯から寒帯までの植生帯に応じて様々な生物群集(バイオーム)が形成されています。さらに、地形や地質、人為の影響などによって特徴的な植生が形成され、このような植生を取り巻く環境要因は様々に変化しています。わたしたち森林植生学研究室は、様々な環境変動に対して持続的に森林や自然を保全・管理し、人と自然の共存を可能にすることを目的に、群集・個体群生態学的な手法や、花粉分析などの古生態学な手法を用いて、森林動態、人と自然の相互関係史、植生史などに関する教育・研究を進めています。

News

  • 2021.03.25 卒業論文・修士論文を更新しました
  • 2020.05.01 メンバーの研究テーマを更新しました
  • 2020.04.27 メンバーを更新しました
  • 2020.04.25 研究室のウェブサイトを改装しました

TOP